中2のいじめ事件について思うこと

岩手県矢巾町で中2の男子がいじめを苦にし、13歳にして自殺してしまった事件。皆さんもいろいろ思っているかもしれませんが、中学1年生のいじめって、本当に命を脅かすくらい陰湿だったりしたと思うんですよね。

しかも彼の場合、真面目だったのか学校にはサボらず通い、我慢していたみたい。もったいない、13年で人生の幕を閉じてしまうなんて…。

お父さんお母さんはいじめに気づいていないようでしたが、やはり先生から一言両親へ報告があってもよかったのかな、と思いますよね。

いじめを知らなかった、ということは校長先生ならありえるかもしれませんが、担任の先生はどうして…、これを上に報告したり、他の同僚の先生にアドバイスをもらったりしなかったのかなあと思いましたね。

今いじめを受けている人は、無理して学校行くことないですよ。転校すればいいし、天候が嫌なら行かなくていい。保健室登校もしなくていいですよ、学校行くのが辛いんですから。いやな友達のために、自分が犠牲になることはないからね!